dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

スポンサーサイト --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕切り線

YOMBANちょいパワーアップ? 2009/06/16(火)

昨日、更新をしたYOMBAN(毎月1日と15日更新)ですが、何と今回、TOPにPVが。いきなり大きな音が鳴り響くので、見られる方は心の準備をしてからポチッとリンクを。

今はレイヤーで分けておけば、止め絵でもあんな加工も出来るんですよねえ。ソパル星人やハシームでお馴染みの肥後マコト君も声の出演をしていてなかなか豪華です。かなり手弁当だとは思いますが…どくとるFさん、がんばって下さい。

nabe01

取りあえず写真は二月末に行った鍋の写真(遅っ)。メンバーは岡野君やら白石涼子ちゃんやら。暑くなったらまたやりますのでよろしく。

そういえば先日アニ研連の第57回の合同上映会が行われたとか。あと2年で30周年なんですね。ちなみに佐藤の現役最後の上映会が第12回でした。何だか感慨深いです。
スポンサーサイト

仕切り線

さようなら、三沢 2009/06/14(日)

先日、映画『レスラー』を観ただけに、非常に辛い。

彼が虎の仮面を脱ぎ捨てた時、僕も演出として一本立ちできるかどうかの頃だったので、鶴田との抗争をどこか共感して見ていました。さようなら、そしてありがとう――

仕切り線

やべ、五月だ 2009/05/19(火)

先月焦っていたのにもう一月経ってしまいました。先日、知人の結婚披露パーティーに出席したら、ジェンコ大澤さんを初めとした皆さんから「ブログ更新してないじゃない」「近況がわからず心配してました」モロモロ十字砲火なお言葉をいただき…えー、申し訳ありませんでした。

そんなこんなで三月下旬からダイジェストで、今に至るまでを書いていきたいと思います。

まーそんなに波瀾万丈な訳じゃないんですけどね。

ちなみに今現在の仕事は

『バスカッシュ!』シリーズ構成&脚本
Web小説『スプラッシュゾーン』連載
ニュータイプ・コミックレビュー

こんな感じです。
次の監督仕事の発表はもうちょい先でしょうか。

この他企画はいくつもあれど、実現は簡単にいきません。オリジナルはある意味じっくりと。

仕切り線

うわ、4月だ 2009/04/17(金)

二月末に鍋をやったと思ったらもう四月も中旬。
週末にもろもろ書きますんで、よろしく。

そうそう、4月29日に教育テレビで『飛べ!イサミ』のスペシャル(1995年9月30日放映)を再放送しますね。詳しくは教育テレビのHPで確認して下さい。あのスペシャルは、高校野球の中継が延長して、20話(くの一見参!)を見られなかった視聴者が続出したために、組まれたものだったような。いや、特番自体は予定にあったかもしれませんが、基本は前半の総集編といいながらもメインは20話(放映19話)。導入としての1話や黒天狗の正体に迫る?9話なども入っていますが、直前に放映していたニイハオ三姉妹やルミノタイト争奪戦から大変身に至る流れは入っていません。25話以降が大いにはっちゃけていく分、ご近所探偵ものとしての取りまとめ、という感じでしょうか。

ETV50の再放送リクエストも何と9位に入っています。かつての番組を憶えて下さっている方がいまだ多いというのはスタッフとして嬉しい限りです。ありがとうございます。


さて、今はバスカッシュだ。

仕切り線

先行上映会 2009/02/21(土)

今日は『バスカッシュ!』の先行上映会でした。場所は日本教育会館一ツ橋ホール。第一話の上映にキャスト並びにスタッフのトークという約一時間あまりのイベントでしたが、朝から並ぶ人もいたとかでありがたいやら恐縮やら。本来だったら座席抽選やら整理番号やら色々出来そうですが、今回『バスカッシュ!』はオリジナルアニメなわけで、蓋を開けてみないとどのくらいお客さんが来るのかわからない。

実際、東京だけでも定員の三倍近い応募があったとかでホッと一息(オリジナル作品でこの数はなかなか来ないですから)したものの、当日は開場当時空席が目立ち…タダのイベントなので、欠席してもしかたないかなあと思うものの、落選した人にも悪いよなあと。かといってこれをお金を取るイベントにして見たい人に見てもらおうとするならば、もうちょっとイベントとして準備をしなければいけませんからね。

っていうか、そもそも『バスカッシュ!』って何よ?という人ばかりの中、声優さんの人気に乗っかる形(笑)ではあるにしてもかなりの健闘ですね…なんて他人事のようなことを書いてますが、佐藤もシリーズ構成、メインスタッフなわけです。オリジナルアニメってのは作れば売れるものでもないので、初めてお客さんに見てもらうというのは大変緊張するし、ドキドキものだったりします。で、席はというと、上映開始後に駆け込む人もいたりして、何だかんだでほぼ埋まったようで何よりでした。

映像は上映用のダウンコンバートなれど、情報量はもの凄く色味はキレイ。きちんと大画面に耐えうる映像でした。スゴイ!惜しむらくは5.1ch音声を無理矢理ステレオにしているために引っ込んでしまう音が出てしまうこと。そのため、やむなく音声を大きめにしていたのでしょうか、席によってはかなり響いていたんじゃないかなあと。ただ、これは仕方ないかなと。この先、もし上映イベントを本格的にやるんだったら、HD画質と5.1ch音声で是非!やー、これだけ作り込んだフィルム、機会があるなら大画面で見て頂きたい。そう思わせる第一話でした。

続きを読む »


仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。