dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

スポンサーサイト --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕切り線

 2005/12/21(水)

これがおそらく年内最後の更新になるやもしれないので、先にご挨拶だけでも…皆さま来年もよろしくお願いします。

 腱鞘炎の写真を出しっぱなしにして早幾とせ、という感じで師走です。先日はアニメスタイルイベントの終了後に忘年会、というかダラダラ呑み会が行われ、昨日は大地さんたちとの杉並アニメ物語な忘年会を。金春智子さんや渡辺はじめさんが毎月苦労して稼いだギャラでもって飲んじゃおうというこの企画。いただいているギャラが杉並区の共通商品券というわけで、使えるお店を探すところから始まり、阿佐ヶ谷北口のお寿司屋さんにて宴は二時間半くらいで幕。取りあえず帰宅して来年の仕事のための準備とか。去年同様、angelaの年末ライブ辺りまでは仕事をすることになりそうです。右手は使えないけど小説やら脚本やらは書かないといけないので左手のみで入力可能なキーボードを買って使用していますが、結構快適です。逆に能率が上がっているのか?(Bluetooth FrogPadというヤツですがイイ感じ♪)

 来年序盤はナデシコ絡みでいろんな事をやるべくスタチャの中西さんと計画中ですが、それが終われば新番やら再来年以降の企画やら、ありがたいことにてんこ盛りです。そこで良い機会なので、再びこのHPのリニューアルをしようかなぁと考えています。仕事に関しての情報やら私的なよしなしごと等、いろんな情報が混在していると何かと見づらいでしょうから、その辺りを整理しようかと。ブログ導入、なんて前回の日記でも書きましたがトラックバックやらコメントやらをキチンと活用できるマメな性分ではないので、毎日更新できるような形だけは(あくまでも形、です)を整えてみようかと。無精でめんどくさがり屋を自称している堀江由衣さんが、近頃はマメに写真日記などを公式ページにアップしているのを見るにつけ、負けてたまるか(笑)。毎日おもしろ連載を続ける吉松さん(於・Webアニメスタイル)を見習えと杉並アニメな忘年会の時にも突っ込まれましたし、オレはやるよ!と努力目標だけは勇ましく。取りあえず来年のサトウタツオ通信は目標サムシング、打倒ほっちゃんということで。

 ちなみに今月よりバンダイチャンネルで『学園戦記ムリョウ』の配信が開始しています。北米版も好評発売中らしく、まだまだ戦記は続くという感じです。現在再放送はしていませんが、興味のある方は是非ご覧になって下さい。

 それでは、また!!
スポンサーサイト

仕切り線

 2005/10/17(月)

気がつくと10月。年末のスケジュールを心配する季節になりました。ちなみに11月中にTV版のミックスが終了予定、12月25日は劇場版ナデシコのミックス作業が決定(トホホ)。HDのマスターアップは年明けになります。まさに3年越しになりますね。スタッフの方々、もう一息です。とはいえまだまだかなり長い一息だったりするのですが(笑)。

 ちなみに従来の劇場版はご承知の通りドルビーサラウンドと銘打たれていましたが、上映する映画館の音響設備等々を考えて、サラウンドと言っても殆どステレオに近い感じでミックスされていました。これはアニメに限らず、邦画はどんな場所でも普通に鑑賞できるように敢えてモノラル、或いはステレオで済ましていたのに倣ったものです。例えば幾原邦彦監督の劇場版セーラームーンRは公開時モノラルで、ビデオ発売時にあらためてステレオ化されました。劇場アニメをまんまステレオで映画館にかけるようになったのも結構最近になってからだったりします。ここから更に5.1chに対応させるためには音響設計そのものが変わってきます。リマスターだ、5.1chだとサトウが日記で書いていても、どうせ大した違いはないんだろうが、という方がいられるかと思います。百聞は一見にしかず、実際にリニューアルしたTV版なり劇場版を皆さんに見ていただく機会を数多く設けてくれることをキングレコードさんに期待しましょう(笑)。

 先日、某誌の企画で働き者の若手監督達と対談をしました。「2005年を振り返る」という去年今年と作品を監督していないサトウにしてみると地獄のような(笑)企画だったわけですが、案の定「仕事をしなさい!」と皆さんから叱咤激励を受けました。言われるまでもなく只今モロモロ始めています。まだ発表できる段階のモノが何一つ無いのですが、情報解禁になったところからここでお知らせできればよいかなと。

 前回前々回の日記以来、今なお各国或いは様々な方たちのメールを戴いていますが、基本的には二つの作品の企画は凍結ということは変わりません。ただし、巷で語られている権利関係やら諸々の推測は事実と反しています。結論として、続編をやるよりもより魅力的なコンテンツを作り上げていくことに力を注ごう、ということなので…その時その時の諸問題は確かにいろいろな影響を与えていますが、最終的には前向きな決定ということで了解して下さい。皆さん、ご心配をお掛けしました。

      *        *        *

 そういえば、ここの日記をブログと勘違いしている方が多いようなので、だったらブログもイイかもな、と思っています。公式な情報と日記めいたモノの混在は確かにわかりづらいかもしれませんし。ま、思いついただけで、実現するとしてもしばらく先の話ですが──

仕切り線

 2005/08/10(水)

 昨日の今日ですみません。

 あれから各方面からメール・電話をいただきまして、企画が頓挫したとはいえ“永遠に無くなった”はということはこの業界ではあり得ないから希望は残しておいた方が…というご意見をいただきました。確かに過激な表現だったかもしれません。というわけでこういうことにさせて下さい。


 「宇宙のステルヴィア」の続編は不可能になってしまいました。かねてから準備していた「宇宙のステルヴィア2」の企画も中止、「機動戦艦ナデシコ」についても同様です。


 心配していただいた皆様、ありがとうございます。
 この先の動きはこれからどうなるかまだわかりませんが、きちんと発表できるようになったらまた改めてここに書きたいと思います。それでは──

仕切り線

 2005/08/09(火)

一ヶ月ぶりのご無沙汰です。ようやく更新かよと言われてしまいそうですが、色々調整していたものがようやく、と言おうか結局それかよ、と言おうか…
 楽しみにしていた皆様、申し訳ありません。
 「宇宙のステルヴィア」並びに「機動戦艦ナデシコ」の続編は永遠に不可能になってしまいました。かねてから準備していた「宇宙のステルヴィア2」の企画も当然、中止・消滅いたしました。
 思い起こせば去年の七月早々に「!?」となり、今年の一月で「!!!?」となってはいたものの、「コレはコレ、アレはアレ」ということでGOサインは健在でした。スケジュールが大まかながらも決定し、六月には頼まれていた仕事を引き上げてもらったり諸々調整して、いざ脚本作業に入ろうとした矢先の決定でした(間が悪いったら…)。そんな前に決まっていたのなら何故早く言わないんだと思われるかもしれませんが、各方面への影響を考えて、ということで勘弁して下さい。しかし、幸いなことにステルヴィア2並びにナデシコ2の立ち上げに関わっていたのは僕を含めてごく少数の人間だけで、周りにはあまり迷惑をかけずに済みました。二年近く引っ張っておいて無報酬だった、なんてことはいやあ監督の僕だけで良かった…(いや、良くない)。
 以前、知らないところでナデシコ続編の動きがあって、知らないうちに「監督のやる気がないから作れない」などということにされていて、挙げ句に「サトウのせいでナデシコの次の展開が出来ない」なんてことがファンの間で定説になってるという話を聞いたときには苦笑したものですが(企画を立ち上げてるのにやる気がないってどういうこった?!)、今回は…笑えませんねえ。理由は詳しく書けませんが、書かないでおくと憶測も飛ぶでしょうから一言だけ──
 「ステルヴィア」と「ナデシコ」には問題はなかった。
 正式にこの二つは製作発表をしているわけではないので、公式な発表というものは当然されないと思います。ですが、ナデシコで七年、ステルヴィアで二年もの間、続編や新展開を待っていていただいているファンの方達への御報告ということで、当HPにて発表めいたことをさせていただきました。ちなみに「機動戦艦ナデシコ」リマスター作業はちゃんと続けていますのでご安心を。こちらは当初の意味合いから変わって、集大成的なプロジェクトになってしましましたが、それだけにより可能な限り良いものにしていきたいと思います。
 それから佐藤の新作についてですが、そういうことなのでもうちょい先になりますね。取りあえず、来月は大阪へ行こう!

仕切り線

 2005/07/07(木)

七夕といっても本来は旧暦にのっとると来月なのですが、まぁ取りあえず今月が七夕です。七夕が誕生日、というと子供の頃は「まぁ素敵」とか年上のお姉さんとかに言われたものですが、もう41歳。バカボンのパパと同じ年になってしまったわけです。かつて『星の瞳を持つ男』という映画がありましたが、その映画のテーマは「あやまちは誰にでもある。やり直そう」。主演の高橋英樹がまんまな歌を劇中で歌っているわけですが、洒落にならないあやまちというのもあるわけです。人の過ち(弟の刑事事件の身代わりとなって主人公は刑に服します)をおっ被さって自らの過ちとして、主演の青年はそれでも前に進もう(この映画の場合は何と歌手デビュー)とする。なかなか出来ることではありません。そんなこと、自分に出来るかどうか…ある意味人のペナルティをこちらで引き受けるのは理不尽ではあるのですが、それが長い目で見れば自分のため、人のためになるならばどーんと引き受けなければならないかなあと。

 何はともあれリニューアルです。『ナデシコ』リマスターのあかつきにはリセットされるものも数多くあると思いますが、ただ今TVの9話までがミックス終了。先日ようやく映像の方はカンパケに相成りました(カラーリング終了)。まだまだTVの5.1作業もありますし、劇場の再リマスター(幸いほぼパラ取りだけで済みそう)と5.1作業が控えています。何だかんだいって年内は高密度なスケジュールが続きます。更新は相変わらず不定期ですが、これからも皆様よろしく──

仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。