dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

スポンサーサイト --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕切り線

 2004/06/21(月)

最近日記のペースが上がってますね、と言われた矢先に二週間ぶりのご無沙汰です。オランダ云々と言っていたら来月末はOTAKON (http://www.otakon.com/) の参加も決定に。遊んでばかりじゃないかと怒られてしまいそうですが、毎週納品! という状況下にないので自作品の営業のため、取材のためということで勘弁して下さい。
 OTAKONへは脚本家の大河内さんと行くのですが、別ルートで何とangelaも呼ばれているのでさしずめ「stellvia in OTAKON!」な感じに。実際この夏以降、ステルヴィアの北米展開も始まるのでイイ宣伝になるよう諸々がんばってきます。
 さて、オランダ話の続き。コンベンション開催中に受けた質問で一番印象に残ったこと──

 「日本人が一生懸命取材して作った(ヨーロッパを舞台にした)アニメを当のヨーロッパ人が(こうして)見ていることに対してどう思いますか?」

 どうやら僕がガンスリンガーガールの監督と勘違いしての質問っぽかったのですが、日本人だって『ラストサムライ』見て感動している人がいるんだからいいんじゃないかと。逆にあなた達はどう思って見ていますか? と質問してみました。曰く、あえて気になる所とは具体的にというと、背景とか作画が、ということよりもホントにちょっとしたことらしいですよ。ただこれは実際に当地で暮らしてみないとわからないこと(習俗とか習慣とか)なのでこればっかりは仕方がないでしょうと。まぁこれはアニメだし、しょうがないなあと思いつつも楽しんで下さっているようです。ですから迂闊にこのアニメは世界共通を目指す! なんてことを知ったかぶりでやり出すと恥をかきそうです。むしろ今自分はこう考えている、というところを明確に打ち出していく方が国内外問わずベストな作品作りなのだなと。でもロケハンはしたほうがいいです、やっぱり。取材というよりスタッフのビジュアルに対しての共通認識は必要ですし。
スポンサーサイト

仕切り線

 2004/06/09(水)

オランダのアニメコン (http://www.animecon.nl/) が行われたのは5月28から30日までの三日間。初日の開会式にはオープニングムービーが流れるなど、和やかな雰囲気。当然コスプレをしてる人たちがホテル内を闊歩しているのですが、多かったのはファイナルファンタジーなどのゲーム系のキャラ。あと目立った所ではちょびっツ、NARUTO辺り。さすがにステルヴィアはまだいませんでした(笑)。そしてステルヴィアの上映会。今回、ヨーロッパで初めて(ネットとかは除く)英語字幕つきの映像を上映!ということだったので作品自体初めて見た人が多かったようです。ステルヴィア、何やそれ? といった雰囲気のなか、上映の前にファンからの質問に佐藤と千野PDが答えていく、まぁパネルのようなものを四苦八苦しながら行うと、一挙4話までを上映。大きいホールでの上映、しかも同じ時間に他にも上映会をやっていたので掛け持ちして見ている人もいたりして客の入りは8割程度。場内の様子をのぞき見たのは1話だけでしたが、アリサの一人大騒ぎや志麻やリチャードとのやり取りがウケていたのにはちょっと嬉しくなったり。とりわけ「売店でフライドチキン売ってる人?」というセリフは爆笑する人が多かったので逆にビックリ。千野さんと二人で「日本以上にウケてるよ!!」と苦笑い気味に顔を見合わせ。素直に喜んで見てくれているようだったのでちょいとホッとしました(イヤ、ホントに)。
 北米版のあと、ヨーロッパでは果たしてステルヴィアのDVDが売り出されるのかどうかはわかりませんが、なるべく良い時期にパート2を発表したいなと思いますが、そのためにも頑張れファフナー、そしてネギま! オランダ編は次回にも続きます──

仕切り線

 2004/06/07(月)

前回ここに書いたとおり行って参りました、オランダ。何しに行ったのかというと、こういう催し(http://www.animecon.nl/)があったためだったのですが、いやはや「いいねオランダ!」ってな感じの五日間でした。チューリップは先月で終わり、今はバラが咲き誇る季節(って結局バラは見なかったような…)。何よりもずっと夜の10時頃まで昼間が続くというのはいいですね。元々が暗くなったら寝よう、という生活習慣ではないので当初は面食らいましたが、全く苦にはならず。おまけに湿度が低いためか雨が降っても快適だったのが良かったです(気分は高原)。ホテルの浴室に換気扇がないので「おいおい」と最初は思ったのですが湯船を張ってみて納得、壁に水滴が付かないし鏡も全く曇らない。現地の食べ物は乳製品とか色々あったのでしょうが佐藤の場合はハイネケン。朝から晩まで飽きもせずにハイネケン飲んでました。
 さて、そんなこんなでコンベンションなのですが、場所はアムステルダムから電車で二時間弱ほどのドイツ国境にほど近い所にあるアルメロという街。会場は三百人は入ろうかというホールがある、その名もズバリ、シアターホテル・アルメロ。宿泊客も期間中はほぼ参加者、ということで正にホテルは貸し切り状態でした。オランダの“アニメ”事情はというと、FOXチャンネルでは遊戯王は絶賛放映中だし、地元の放送局でもカリメロや小さなバイキング・ビッケなどが繰り返し放映されています。しかし、現在日本で放映中のアニメに関しては…これがまたほとんどインターネットのおかげでしょう、情報に関してはほとんどリアルタイム。下手をすれば僕よりも詳しい人も結構いるわけで──この話は次回に続きます。

仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。