dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

 2005/01/13(木)

仕事始めもとうの昔、いまや通常営業な感じですが明けましておめでとうございます。今年も結局年賀状を書かずじまいでしたのでこの場を借りてご挨拶、ってここを見ている友人知人がどれだけいるかは疑問ですが。年末年始はいつもと同様仕事をしていました。いや、12月29日は前にも言った通りangelaのライブがあったのでステルヴィアな有志数名と連れだって行きました。今回サイリウム仲間な堀江由衣さんや岸尾君はスクランの収録で欠席したものの、放映終了したばかりのファフナーチームも大勢来ていたので関係者は大にぎわい。当然観客も扉からあふれるほどの勢いだったので結果的にはかなり無理して詰め込んでいたのでしょうね。何でもっと大きなトコロでやらせてあげないのかなあ、などと思っていたら次のライブはSHIBUYA-AXで行うとアッちゃんから発表。しかも全曲ライブということで場内はどよめきと歓声で大盛り上がり。AXの定員は1500人だけど今回の入りを見るに満員必至? いや、3月29日は平日だし~などと話しつつ思わず自身の当日スケジュールを頭に描く一同。3月29日は(仕事の)NG日にしますっ!と力強く言っていた人は・・内緒にしておきます。
 その翌日はかねてからの約束をついに果たす日が。2001年の年末に阿佐ヶ谷で大地さん桜井さん達と飲んだ折りに「今度は竜っちゃん家で新年会だ~!」と大地さんが叫んでから早幾とせ。引っ越しして以来新居の片付けが未だ終わっていなかったりするのですが、まぁムリョウやステルヴィアの人々も文句を言わずに遊びに来てくれているし・・時満ちたり! ということで開催の運びに。メンバーは大地さんに桜井さん一家、あとは金春智子さん西村ちなみちゃんという杉並メンバーに加えて長濱さん、うえだゆうじ君、南央美ちゃん。更には大地さんが飛び入りとしてリキプロの役者さんを二人、山口祥行さんと野村祐人さんを連れてきてくれました。山口さんはレジェンドのグリードー役でおなじみですが、二人とも基本的にはVシネやアクション映画に出ている“顔出し”なのでなかなか濃い顔立ちで雰囲気も石原軍団ばり。大地さんもあんな風(どんな風だよ)だし僕もモヒカンにしたばかりだったので「何の集まり?」とポツリつぶやく央美ちゃん。そんなこんなでうえだ君たちが料理を仕込んでる間に何故か『ねこぢる草』の鑑賞会が開始。山口、野村のアニメ初心者?の反応はどうか、というのが興味の的でしたが二人ともイイお客さんでした。ワンカットワンシーンごとに「うおおお~」「何ですかこりゃあ」と絶叫大盛り上がり。「一番のワルは弟ネコですね」「あいつは天然のワルです。ああいうのが始末に負えない」などというアニメ関係者からは聞かれない感想(笑)がこの他色々聞けて大収穫でした。肝心の料理は、というと二つの土鍋(前回の土鍋プリンで鍋がもう一個増えた)を駆使してのカニしゃぶ取っ替え引っ替え(おじゃる丸トリオが大活躍してくれました)を美味い美味いと食べては馬鹿話に盛り上がり、締めはうえだ君の作る九州風なうどんや雑炊を堪能。央美ちゃんとの「一緒に食事をしよう」という六年越しの約束も果たしたし、うえだ君からは新しい名刺の出来上がり(佐藤が文字とイラストを書いたのです)をもらったりと一挙何得? とにかくやってよかった~という会でした。あんまり家をきれいにしすぎると女の子が逆に寄ってこないという女性陣のありがたい言葉もいただいたのでかなり気も楽になりましたし。

 ところで今年より大地さんが企画、金春さん執筆という連載エッセイが広報すぎなみで始まります(イラストは渡辺はじめさん)。佐藤もそのお手伝いということでタイトルのデザインをしました。題して「杉並アニメ物語」。区の広報誌なので当然杉並限定ですが、駅や公共施設などには置かれる筈ですから興味のある方は是非に──

仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.