dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

スポンサーサイト --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕切り線

 2005/04/19(火)

あっという間に4月も下旬に突入です。前回申し上げたとおり、佐藤は2日から12日までアメリカへ行って参りました。最初はツアー参加でのレッスルマニア観戦。メンバーはいつものサムシング吉松、雑誌編集者の新屋さん、そして佐藤の計三人。んでツアーとはいうものの、佐藤たちは基本的には試合観戦以外は全く別行動で放し飼い状態。旅行会社の方たちも他のオプションに参加する方たちのことで手一杯だったと思うので(何せ120人も参加してるし)むしろ歓迎されていたようでした。今回、まず何が嬉しかったかというと、花粉症のかの字も出ないという事。嗚呼、何という素晴らしさ! サンタモニカの海岸で覆ったスパイダーマンのマスクは視界が悪くて息苦しかったのですが、桜田淳子の歌を口ずさんで浜辺を疾走出来るほどに咳が出ない、鼻水が出ない、目がふつうに開けられる‥ホントに花粉症はアメリカにはなかったのですね。ロサンゼルスは本当に良かった‥しかし気温が華氏80度を超えていた、ということは摂氏26度超! 日陰は涼しいのですが太陽が眩しすぎ。以前のトロントとニューヨークでのレッスルマニア観戦が頭にあったため(吹雪豪快に舞ってたし)、カリフォルニアの気候を考えていなかったのが今回の大誤算でした。その辺さすがの吉松さんはサンダルと短パンと用意周到、もう一人の同行者・新屋さんもアロハ持参とさすがな皆さん。まぁ一応佐藤もサングラスは持っていたので水とビールで取りあえずは事なきを得ましたが。かくしてブラッド・ピットの新作ロケに出くわす! マーク・ハミルの息子が店員をしているフィギア屋潜入! 衝撃・ロスのメトロは改札が無い! チャイナタウンが何故ガイド本では説明が省かれているのかその理由を知る! ハリウッドのどこの商店にも貼られている女子高生映画って売れてるの?! ──充実したプロレス観戦と幾多の取材の6日間の後は吉松さんとも別れて単身シアトルへ。サクラコンにゲスト出演して参りました。かの長濱・ジャガー・博史が「いい街っすよ、お勧め」と通販TVの人みたいに勧めるシアトルの街とは一体いかなる街なのか? そしてサクラコンってどんなコンベンション? かなり期待して行ったのですが期待以上にいい街でした。(つづく)
スポンサーサイト

仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。