dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

スポンサーサイト --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕切り線

 2005/07/07(木)

七夕といっても本来は旧暦にのっとると来月なのですが、まぁ取りあえず今月が七夕です。七夕が誕生日、というと子供の頃は「まぁ素敵」とか年上のお姉さんとかに言われたものですが、もう41歳。バカボンのパパと同じ年になってしまったわけです。かつて『星の瞳を持つ男』という映画がありましたが、その映画のテーマは「あやまちは誰にでもある。やり直そう」。主演の高橋英樹がまんまな歌を劇中で歌っているわけですが、洒落にならないあやまちというのもあるわけです。人の過ち(弟の刑事事件の身代わりとなって主人公は刑に服します)をおっ被さって自らの過ちとして、主演の青年はそれでも前に進もう(この映画の場合は何と歌手デビュー)とする。なかなか出来ることではありません。そんなこと、自分に出来るかどうか…ある意味人のペナルティをこちらで引き受けるのは理不尽ではあるのですが、それが長い目で見れば自分のため、人のためになるならばどーんと引き受けなければならないかなあと。

 何はともあれリニューアルです。『ナデシコ』リマスターのあかつきにはリセットされるものも数多くあると思いますが、ただ今TVの9話までがミックス終了。先日ようやく映像の方はカンパケに相成りました(カラーリング終了)。まだまだTVの5.1作業もありますし、劇場の再リマスター(幸いほぼパラ取りだけで済みそう)と5.1作業が控えています。何だかんだいって年内は高密度なスケジュールが続きます。更新は相変わらず不定期ですが、これからも皆様よろしく──
スポンサーサイト

仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。