dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

今年もありがとうございました。 2009/12/30(水)

あと一日で2009年もオシマイです。演出になったのが1989年なんで、今年で20周年。ちなみに監督はというと、デビューがOVA監督なんで、演出=監督デビューだったりするのですが、ウイキペディアによると『一般的には佐藤の監督作品としては認知されていない。』ということだそうで。一般的って何だという感じですが(笑)、それに倣うと来年は『飛べ!イサミ』から数えると監督15周年です。いずれにせよキリがいい。去年今年とお手伝いという形で『バスカッシュ!』に関わりましたが、何だかイチ抜けのはずがいまだにアナザーものの小説を書いていたりします。コレに関しては皆さん色々言いたい事はあるでしょうが、プロジェクトはいまだ続いております。海外展開或いはナイキさんの各国idの引き合いなど、本来のスポーツとロボの融合的な展開はこれから始まる模様。その辺りは横目で見つつ、同じサテライトさんで新番の準備など致している次第です。

それはそれとして、昨日。angelaのミュージックワンダー大サーカス4thに行ってきました。

自作のOP・EDを歌ってくれたからというだけではなく、不思議な繋がり。去年は残念ながら行けなかったのでステージは久しぶり。一昨年、大宙君がコンサート終了後の楽屋打ち上げで二人を前に号泣してましたが、あの時は『もう大丈夫』『よくぞここまで』ってな感じでみんな安心してました。みんな復活が嬉しかったからね。

で、今回。『どこまで行くんだろうね?そりゃもちろん良い意味で』という感じでいいステージでした。かなり色んな要素が凝縮されていて負担が大きいんじゃないかーと終盤は特に心配しましたが、無事やり切り。二人のパフォーマンスについていくじぇらっ子に感心&感動。基本、ファフナーのangela ということになってますが、アカペラの明日ブリとエンディングのトークに流れるステルヴィアの曲に心がジンと。野中もアカペラでキタそうで。そうそう、かつ君のトークがすごく上手くなってたのにびっくりしました。これは終演後話した人全てが同じ感想を(笑)。言いたい事と口にする言葉が一致していく快感がそこにはありました。うーむ、まさに噛み合う歯車。それこそ、今回のコンサートのテーマ(笑)。実に絶妙に体現したかつ君に乾杯。楽屋打ち合わせでは色んな人とお話し出来て嬉しかったです。

その後は、何とはなしに野中&大宙君とラーメン屋へ。大宙君がバイクだったんで「じゃあメシにするか~」と言う事で、メシという飲みではなくて、ホントにメシ。ステルヴィア組ってホントいまだな繋がりが嬉しい。大宙君からクリスマスに行われたロフトの『きよひこナイト』についてのモロモロを聞く。頑張れ大宙、来年は色々集まろう。BD-BOXも出るしね(笑)。野中はずいぶんほっそりとしたねえ。来年は色々格闘技とか見に行けるといいね。色々忙しそうだけど。『逆転裁判』での宝塚ガイドは助かりました。

本来だったらその前日の大地さんとの忘年会が最後の呑みの筈でしたが、その後、angelaの熱気が冷めやらず高円寺にて一人飲み。明日のダイナマイトまでテンションキープ、カウントダウンはイイ感じにアゲアゲで行きそうです。

仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.