dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

今年最後の新年会 2010/01/30(土)

というわけで、28日は四ッ谷で新春感謝祭。司会がココ(Basq)とツッチー(TT2)で、ツッチーに至っては現在出演のアニメの冠り物をして汗だく。さすがに創刊25周年ということもあって大がかり(というか毎回すごいけど)。早めに着いたら、案の定、開場時はアニメブロックはオレ一人。
42714122_1375738021.jpg
折角なので開始前の無人な写真を一枚。

さすがに開始後はどんどん人が増えて、誰が誰やら。それでも、出歩けば誰かに突き当たる状態なので色んな人と挨拶&トーク。久しぶりな人、先週会った人…抽選会は例年のように当たりませんなあ。

最後は何となくいつものメンバーが集まって、同じホテルのラウンジでしばしの二次会へ。移動途中に「(声優としてではなく)作家・ますみんサインをする」の図を目の当たりに。思わずオレ達一同「おおお」と(笑)。

その後はまったり。会う度に細くなっていく浅野さん、自分の身体は大切に。

二次会で充分まったりしたけれど、最後は高円寺で一人クールダウン。
何となく博多やでトリの燻製。
42714122_3292514982.jpg
写真は当日のバージョンとはちょっと違うけど、ハツの燻製が旨いのですよ。

打ち合わせも終わったし、今日は久々に家でゆっくりしよう…と思っていたら、もう一件ありました29日!

月末の金曜日なのに予約も無しに新宿19時って無謀~、でも面白い!ということで、合流する一人がやって来る20時までに飛び込みで店を決めようという企画。

ダメに決まってるじゃん(笑)。いや、それも承知。
さんざん歩いてフッと行き着く。新宿武蔵野館隣の隠れ家風の居酒屋。

えーと、今年度前半に行うモロモロの確認。担当者の方、最後まで頑張りましょう。
その節は関係者の方、協力お願いします。

さて、これで今月の新年な飲みは終わった!

2月以降は酒を控えて、更に絞っていくですよ。体脂肪率を云々というよりも、色々絞ったり増やしたりすべき箇所が見えてきた。大地さんもブログに書いてるけど、フルマラソンに年末挑戦ですよ。その一方で、新作の方もどんどんやるぞー、というのは言うに及ばず。モロモロ鍋もやらねばね(笑)。

ナデシコのBOXもようやくジャケットイラストを公開出来るようになったようですが、Amazonやらショップの方には行き渡っていない模様。見れるところは今のところここだけかな?

今回は松原秀典さんの描き下ろしです。

仕切り線

今日、江戸川で 2010/01/22(金)

今日は『ナデシコ』BOXのCM録りに立ち会うためにキングレコード・江戸川橋スタジオへ。久しぶりにウリバタケ・セイヤこと飛田展男さんの名調子を聞きました。サトウはパチンコの収録には行っていないんで、キャストの今はまるで知らず。「それにしても、よくもまあ、こんな無茶なアニメ作りましたよね」とは飛田さん。オレもそう思います(笑)。だから今も残ってくれたわけで、「こんなアニメは来年には忘れられてる」という当時の予言が外れてくれてよかったなあと感慨深く。

ついでに更なるパラ取りを終えた劇場版をチラッと見る。おおうすげえ。一年以上掛けてHD化したのに、前よりもかなりパワーアップ。ま、ナデシコはフィルム作品なんだからある意味当たり前といえばそうなんですが。

更にはHDリマスターした『ステルヴィア』を見る。当時はデジタル黎明期の上にSD画質で放映されていたわけで、当然ソースもそれなりの筈。なのに、この発色と輪郭の具合は何なんだ?!という衝撃。いわく、HD化に際して、24フレームに直してから丁寧な修正を加えた後に再フォーマットしたとか。この「丁寧」というのがポイントで、単純にD2のソースを機械的にアップコンしたのではなく、正にリマスター。うわーすげー、この手があったか。以前のSD版と並べて見せてもらいましたが、全然違う。おそらくDVDをPS3で体裁良く見たとしても、この見栄えにはならないなあ…すげえぞキューテック。逆に作画や背景が悪い回は目立ってしまうじゃないか(笑)というのはさておいて、従来のソフトを新たなハードに適応させていく技術力というものにいたく感心いたしました。フィルムじゃないから、D2マスターだから…と悪い意味での覚悟をしていただけに、不覚にもこみ上げてくるものが。

それにしてもちょい前までは「何でアニメは秒30フレームじゃないんですか!?」と言われていたのに、今では「アニメは秒24フレーム、先見の明があります!」「(実写)映画をのぞけばHDに最も移行しやすいメディアですよ!」ですからね(笑)。ちょっと不思議な気がします。

取りあえず、BDとDVDの明らかな情報量の差ってのは見ないとわからないから、メーカーさんは地道に上映会なりHD放送なり、きちんとホンモノを見せないと。BDを売りたいのならば、その辺りがんばれよーという感じです。いや、ホントにHDソースのナデシコ劇場版とか見るとスゴイですから。数年前のオレ、よくやった(笑)

仕切り線

今年もよろしくお願いします 2010/01/15(金)

あっという間に2010年です。サトウが初めてテレビシリーズの監督(『飛べ!イサミ』)を引き受けた時も嵐のようで、あれは94年の夏だったっけ。同年の年末はシッチャカメッチャカだったような。なにせ翌95年の4月放映でしたから。

去年末は色々。まずはナデシコのBD-BOX用のソースのチェック。ブルーレイにするに際して情報量の整理をモロモロ。ま、それをやるのはキングレコード並びにソニーPCLのスタッフの皆さん。リマスター作業当時にかなり調整をやりこんだとしても、それを各メディアに落とし込む際の作業はまた別。DVD版では見えなかったアラがBDではクッキリ見えちゃったりするので、発売寸前まで皆さん頑張って作業をしているわけです。そこがデジタルアニメ以前のフィルム作品のイイところでもあり、キリのないところでもあり。おそらくBDよりも高密度なメディアが出て来たら、フィルム作品は更なる高画質を目指すか、以前のソースで妥協するかの二者択一でしょう。でも、それは16ミリフィルムであってもフィルムで作られた作品の贅沢であり、2000年以降、SD画質で作られて、D2マスターで保存されているデジタル作品は、ファンの皆さんが期待しているような画質でのBD化は現状では無理なんですよ(作り直せば別ですが)。ステルヴィアも結構健闘していますが、その辺り、すっげえ画質で見たいんだよ!という希望に対しては、今後の技術の発達に期待でしょうか。それでも今までのDVD版よりもかなり良くなっているとは思うんですけどね。アナログはデジタルで高画質になり得るけれど、デジタルはソースがそれなりだったら、それなりにしかなりようがならないのが現実です。それでも更なる高みを目指して頑張っている…PCLさんありがとう。

劇場版ナデシコは35ミリフィルムの分、HDソースは尋常で無い高密度。以前DVD化した時よりも更に色々調整中です。それもこれも、HDリマスターをした時にかなりこだわったお陰だよねと。見えないモノも映っているフィルムの怖さにもあらためて感じ入っておりますが。

続きを読む »


仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.