dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

スポンサーサイト --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕切り線

今日、江戸川で 2010/01/22(金)

今日は『ナデシコ』BOXのCM録りに立ち会うためにキングレコード・江戸川橋スタジオへ。久しぶりにウリバタケ・セイヤこと飛田展男さんの名調子を聞きました。サトウはパチンコの収録には行っていないんで、キャストの今はまるで知らず。「それにしても、よくもまあ、こんな無茶なアニメ作りましたよね」とは飛田さん。オレもそう思います(笑)。だから今も残ってくれたわけで、「こんなアニメは来年には忘れられてる」という当時の予言が外れてくれてよかったなあと感慨深く。

ついでに更なるパラ取りを終えた劇場版をチラッと見る。おおうすげえ。一年以上掛けてHD化したのに、前よりもかなりパワーアップ。ま、ナデシコはフィルム作品なんだからある意味当たり前といえばそうなんですが。

更にはHDリマスターした『ステルヴィア』を見る。当時はデジタル黎明期の上にSD画質で放映されていたわけで、当然ソースもそれなりの筈。なのに、この発色と輪郭の具合は何なんだ?!という衝撃。いわく、HD化に際して、24フレームに直してから丁寧な修正を加えた後に再フォーマットしたとか。この「丁寧」というのがポイントで、単純にD2のソースを機械的にアップコンしたのではなく、正にリマスター。うわーすげー、この手があったか。以前のSD版と並べて見せてもらいましたが、全然違う。おそらくDVDをPS3で体裁良く見たとしても、この見栄えにはならないなあ…すげえぞキューテック。逆に作画や背景が悪い回は目立ってしまうじゃないか(笑)というのはさておいて、従来のソフトを新たなハードに適応させていく技術力というものにいたく感心いたしました。フィルムじゃないから、D2マスターだから…と悪い意味での覚悟をしていただけに、不覚にもこみ上げてくるものが。

それにしてもちょい前までは「何でアニメは秒30フレームじゃないんですか!?」と言われていたのに、今では「アニメは秒24フレーム、先見の明があります!」「(実写)映画をのぞけばHDに最も移行しやすいメディアですよ!」ですからね(笑)。ちょっと不思議な気がします。

取りあえず、BDとDVDの明らかな情報量の差ってのは見ないとわからないから、メーカーさんは地道に上映会なりHD放送なり、きちんとホンモノを見せないと。BDを売りたいのならば、その辺りがんばれよーという感じです。いや、ホントにHDソースのナデシコ劇場版とか見るとスゴイですから。数年前のオレ、よくやった(笑)

仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。