dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

スポンサーサイト --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕切り線

 2004/06/21(月)

最近日記のペースが上がってますね、と言われた矢先に二週間ぶりのご無沙汰です。オランダ云々と言っていたら来月末はOTAKON (http://www.otakon.com/) の参加も決定に。遊んでばかりじゃないかと怒られてしまいそうですが、毎週納品! という状況下にないので自作品の営業のため、取材のためということで勘弁して下さい。
 OTAKONへは脚本家の大河内さんと行くのですが、別ルートで何とangelaも呼ばれているのでさしずめ「stellvia in OTAKON!」な感じに。実際この夏以降、ステルヴィアの北米展開も始まるのでイイ宣伝になるよう諸々がんばってきます。
 さて、オランダ話の続き。コンベンション開催中に受けた質問で一番印象に残ったこと──

 「日本人が一生懸命取材して作った(ヨーロッパを舞台にした)アニメを当のヨーロッパ人が(こうして)見ていることに対してどう思いますか?」

 どうやら僕がガンスリンガーガールの監督と勘違いしての質問っぽかったのですが、日本人だって『ラストサムライ』見て感動している人がいるんだからいいんじゃないかと。逆にあなた達はどう思って見ていますか? と質問してみました。曰く、あえて気になる所とは具体的にというと、背景とか作画が、ということよりもホントにちょっとしたことらしいですよ。ただこれは実際に当地で暮らしてみないとわからないこと(習俗とか習慣とか)なのでこればっかりは仕方がないでしょうと。まぁこれはアニメだし、しょうがないなあと思いつつも楽しんで下さっているようです。ですから迂闊にこのアニメは世界共通を目指す! なんてことを知ったかぶりでやり出すと恥をかきそうです。むしろ今自分はこう考えている、というところを明確に打ち出していく方が国内外問わずベストな作品作りなのだなと。でもロケハンはしたほうがいいです、やっぱり。取材というよりスタッフのビジュアルに対しての共通認識は必要ですし。

仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。