dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

スポンサーサイト --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕切り線

 2004/08/17(火)

さて、OTAKON(8/1)です。11時より三社よりインタビュー。いずれもアメリカのアニメ関連の雑誌です。ホテルの14階、スタッフルームが臨時のプレスルームに。ここで大河内さんと交互にインタビューを受けるという変則的な流れで約一時間。やはり聞かれることは「ステルヴィア2はあるのですか?」(笑)。通訳するIG USAの寺島さんも佐藤も苦笑い。今回、本当に多く聞かれましたね。更には「どのような話にするおつもりでしょうか」との問いに一瞬躊躇しましたが(日本でも言ってないのに)、大河内さんに「アメリカだし、いいんじゃないですかぁ」と言われて前回同様、いや前回以上に突っ込んだ話を。どれくらい掲載されるかわかりませんが、まぁ北米版DVD発売記念ということで。大河内さんはやはりプラネテスとあずまんがについて期間中よく聞かれていましたよ。特にプラネテスは熱心なファンが多くて、公式の掲示板でのツーリングに行こう云々といったスタッフ間のやり取りをきちんと押さえていたのでしょう。バイクメ~~ンなおじさんから「これをyouに!」とハーレーの写真集をプレゼントされていました。大河内さん曰く、「いや、僕原チャリなんですけど…(笑)」オランダへ行ったとき、ファンの情報収集は日本の公式やニュース系サイトからという声が多かったのですが、基本的にアメリカでも同じようです。だからメーカーの皆さん、作品の公式ページはちゃんと作りましょう。意外と製作会社のページだって見られているのでその辺りも、ねえ。
 昼からのスタッフ向けサイン会を行ったら我々のOTAKONはほぼ終了。いまだコスプレや上映会で盛り上がる会場を後に、我々はワシントンDCへ短いながらの観光へ。そのあと打ち上げめいた食事会もありましたが、まぁ前回同様、飲めや騒げや──

 今回のOTAKON2004、色々ありましたが、一番の収穫は…何と『学園戦記ムリョウ』北米版の宣伝ポスター!! ようやく出るんだ…。台湾版、フランス版に先を越されていたので心配していましたが、担当の方達とも話が出来て良かったですよ。「私たちはこの作品を愛しているからこそ販売したい」と嬉しい言葉。でもタイトルは『SINGU』なんだけど(笑)。←つづく

仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。