dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

 2004/11/29(月)

いろいろ水面下で動いてはいるものの、差し当たって毎週カッティングにアフレコ、ダビングビデオ編集なんてものが無い今日この頃。そんな「まったり組」の筆頭だったりするのでついつい幹事めいたことばかりやったりしています。この間も吉松(サムシング)さんにマッドハウスの田中君(ムリョウ助監督)に加え、増井(ステプリ)錦織(忘却の旋律)水島精二(ハガレン)といった監督陣に大河内一楼というメンバーでの同窓会というか飲み会というか。あずまんがをやった頃から錦織君と飲むときにはこれだ、と決めていた沖縄料理をセレクト。久しぶりに会う人もいて色んな話をしましたが、酒の席の話なので省略。実は水島さんは佐藤が初演助をやった『かんからさんしん』の撮影スタッフだったんですよ。何だってー! なんていうやり取りが面白いと思う人が世の中にどのくらいいるかっていうとあまりいないでしょうし(笑)。何はともあれガンバレ、ニッキー! な感じの色合いもありつつも取り留めのない愉快な飲み会でした。
 ちなみに佐藤の今年度会計の締めが先月だったりしたので領収書やら請求書やらの整理など。今年は大丈夫です! 下半期は収入無いですから! とヘンな所で胸を張ってはいたものの、結局この時期にバタバタやって会計士さんに押しつけることに。各社からの支払調書なども改めて見直すと『暴れん坊の唄(おもいで祭り)』に五百円の印税が(トホホ)。しかも今まで振込手数料よりも印税の方が少なかったのでようやく支払える額に達したというわけで。あと昨年末、劇場版と称して『ナデシコ』『ウテナ』『アキハバラ』の劇場版を三本抱き合わせで出しましたが、ソレとは違う、最初に出した『機動戦艦ナデシコ劇場版』(リマスター前版)が初回以来コンスタントに売れていて、去年秋から今年にかけては何と二千本以上出ています。二千本というのはムリョウの限定DVDBOXの出荷数と同じ枚数だったりしてちょっとクヤシイかも(笑)。今回だけでなく毎年それなりの数が出ているのはスパロボのおかげかもしれませんがありがたいことです。近作ステルヴィアはというと、DVDバラ売りで換算すると全八巻で平均一万八千本くらい。ビデオ版とかその後も売れているバラ売り分も合わせると二万本は超えたかな、どうなのかな? という感じですね。昔は監督が自作の売り上げとか、数字のことをあれこれいうのはあさましくないかい? と言われたものですが、今はむしろ周囲の方達がこぞって「いくら売れたんですか?」ってなことを聞いてくるので知らんぷりならいざ知らず、本当に知らないというのもちょっとシャクだったり。という訳で今回は会計締め記念(笑)、メモ書き程度に少々──

仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.