dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

 2005/05/30(月)

先月行われたサクラコンは初めてだったのですが良いコンベンションでした。昨年参加したオランダのアニメコンがホテル一つで参加者1000人くらいでしたが、サクラコンはホテルを二つも借り切って2000人余の参加。おお、ホテル一つ辺り1000人というのは公式なのか? パネルとかオフィシャルなものの進行は不慣れな感じがありましたけど、全体の雰囲気はアットホーム。みんな日本のアニメやゲームが好きなんだな~というのがこちらに伝わってきました。しかし何と来年から会場がコンベンションセンターに格上げ。参加者も2万人を見込んでいるそうで日本のアニメや漫画に対する関心の高さは相変わらずな感じです。そんな中でのangelaのライブは当然なことに大好評。オタコンの時は最初ラルクのコンサートの方が本命視されていましたが実際のライブを見たアメリカのアニメファン達は「こんなスゴイ歌が聴けるなんて!」と大喜びでした。

「angelaのライブはスゴイらしい」──オタコン以来、そんな評判がネットやクチコミで広がっていったようですが、その一方で実際はどうなのかな? とクールに構えていた人達も多かった筈。しょっぱい歌には当然ブーイングで返すのがアメリカ人、果たしてサクラコンではどうなるか? オタコンの時は気を利かせたスタッフが最前列のど真ん中に座らせてくれたのでお客さんの反応が見られなかったのですが、今回は割とはじっこでお客とangelaの両方が見られるお得なポジション。色々予習してきたらしく「KATSUオニイサマ~」「atsukoセンパイ(先生じゃなくて何故か先輩)!」の声も飛び交う場内。一曲目でザワッと来て曲の中頃からポツポツ立ち上がる人が出てきたなーなんて思っていたら二曲目で早くも総立ち! 何度もサクラコン来ている方が「いやー、ゲストライブでこんなに盛り上がったのは初めてですよ」と感慨深げ。普段よりトークが短め(笑)だった分、歌の密度が濃く感じられたのも良かったんでしょうね。振り付け教室もステルヴィアだけでしたが、他の歌も思い思いにノって踊って、それでいて聞かせる歌の時はちゃんと座って…いわゆる正しいロックのライブでした。

 前日にはパネル、翌日にはプレスインタビューとかもあったのですが、その際に「angelaはPUFFYのような海外進出を考えているのか?」という質問を受けたそうで。一昨年辺りからのPUFFYのアメリカ進出は他の日本の歌手達と違ってさりげなく、そしてあっという間に盛り上がっているのがよくわかります。アニメや子供番組から火がついて今や二人をキャラクターにしたアニメが大人気。朝はティーンタイタンズとハイハイパフィーを見たらその日の半分は殆どPUFFY色。アニメから人気…これがangelaと重なるとアメリカの人は思っているようです。その辺、キングさんも意識はしているようで、今後も海外でのライブは行っていきたいそう。CDの売り上げを見ても国内ではメーカーの営業力の差が展開の差! みたいになっています。でもうまくアニメと絡んでいけば海外の市場にも乗り出せる余地あり? アーチストとしても評価される機会も多くなる? まぁそのためには当のアニメが頑張らないと。

 というわけで僕も色々がんばりますのでよろしく!

仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.