dragon-brave.com[サトウタツオ通信]sato tatsuo offcial web site
プロフィール ブログ ギャラリー 仕事歴 サトウ的オレ的メニュー 色々もの思ったモノとか メール
BACK

スポンサーサイト --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕切り線

 2004/04/19(月)

最近ようやくTVのアニメが見れるようになりました。ただ本数が多いのでせいぜい週に五本見ればいい方でしょうか。で、取り合えず毎週(といってもまだ東京では二話めですが)何とはなく見ているのが「鉄人28号」だったりします。内容はさておいて大月プロデューサーが十年前から言っていた企画がようやく実現したのかと思うとちょっと感慨深く。TVのナデシコ、あるいは劇場のナデシコの立ち上げの度に語っていたのが「戦後のリアルな舞台設定で戦う鉄人28号」のイメージでした。
 「夜の東京湾に鉄の巨人が立ってるんだよ(以下延々イメージを語る)。原作通りのキャラで、オリジナルの女の子キャラなんて邪魔なモノはいらないな」
 「じゃナデシコもいりませんね?」
 「それとコレは別だ!」
 かのエヴァンゲリオンにしても庵野さんはウルトラマンのイメージだったのかもしれませんが、大月さんの頭にはどうやら鉄人のそれがあったようです。とはいえそんなことを言ってるのは立ち上げの序盤だけで、いざ監督が動き出すと現場にノータッチになるのが大月さんの常です。今回に限って言うとプロデューサーの考えている方向性と監督の思い描く世界が幸運なことに一致した、ということでしょうか。「初めてガンジスのテロップがカッコよく見えましたよ」と言ったら「バカヤロウ」と怒鳴られましたが(笑)。

仕切り線

 2004/04/13(火)

 先日、「学園戦記ムリョウ」の那由多(世間的には「鋼の錬金術師」のエド役でおなじみ)を演じた我らがぱくろみの芝居を見に行って参りました。場所は西伊豆は土肥温泉、菜の花畑の屋外舞台。一人でプラプラ行こうと思っていたら水島精二さんやぱくろみの友人の役者さん達も行くというのでちょいとした小旅行な感じで一泊二日。
 舞台は夜、オリオンが見下ろす中での一時間余は愉快な体験でした。
 細かいことはさておいて、あらゆるトラブルも含めて魅せる要素にすることが出来る芝居空間は、アニメには真似が出来ません。よくプレスコさえすれば役者の芝居も生かせるし素晴らしいモノ(アニメ)が出来上がる~、なんていうことを言う人がいますが大きな間違いです。全てが連続しているリアルタイムな演劇と、時間軸を操作して作り出していくアニメとは重なるところはあれど異なる要素の方が多いのです。とはいえども何とかそんな演劇の“ライブ感”みたいなものをアニメ(しかもTV)に導入できませんかねえ、なんていう水島さんの話を宿の露天にて聞きつつ伊豆の海を眺めつつ。ここ最近、遊んでばかりいるような感じですが新企画へ向けての準備は色々バラバラと進みつつ。ともあれさもあれTVナデシコのリマスターをやらないといけないなぁという感じです。

仕切り線

 2004/03/30(火)

お久しぶりです、佐藤です。管理人さんがコンテ作業云々、と書かれてから随分と経ってしまいましたが、「十兵衛ちゃん2」と「妄想代理人」、「この醜くも美しい世界」のコンテ脚本をそれぞれ一本ずつ。「クロマティ高校」ではついに声まで…そしてレッスルマニア20!! 行って参りました、ニューヨーク。以前は自分たちでチケット買って(といっても佐藤は大抵吉松さん任せでしたが)、飛行機と泊まりの算段付けて、という感じでしたが前々回よりは全て旅行会社任せ(楽ですな)。何と今回は300人以上の大規模なツアー! レッスルマニアとRAW観戦後はツアーから離れて別行動。ついでにこんなイベントのゲストにも呼ばれたり(http://film.newyork-tokyo.com/past/pastevents.htm)、ムリョウの北米版(今は音響作業らしい)の翻訳をしたという人にもお会いしたり。今年は夏にステルヴィアの北米版が発売開始になるそうなので向こうのコンベンションにも行くことになりそうです。

仕切り線

 2004/03/05(金)

 こんにちは代理のHP管理人です。
 竜雄さんは、ただ今、とある作品の絵コンテ作業中で更新が滞っています。日記を楽しみにされている方々、すいません。
 情報が遅れましたが、一昨日(03/03)放映された『十兵衛ちゃん2』の「第九話 いつか交えた剣だった」で竜雄さんがコンテを担当しました。来週放映の『魁!!クロマティ高校』にもちょっとだけ参加しています。詳しくは放映をご覧下さい。管理人でした。

仕切り線

 2004/01/15(木)

何だかんだで十二月を飛び越えて新年を迎えてしまいました。仕事無いんだから暇なのでは? とわれるかもしれませんが、二年間放っておいたアレやコレなど、会計士さんや多数の方のご尽力で何とか年内にカタをつけたり。その一方で手伝いますよ、などと引き受けたはいいけれどなかなか作業に入れなかったコンテや脚本にようやく取りかかり…というわけで今年も正月は仕事で今も作業中だったりします。まぁ世間では五日六日、あるいは七日から商売、なんて感じのようですから、佐藤が正月休みを取る頃にはある意味丁度いいのかもしれません。というわけで正しい新年の挨拶は二十日以降にまた致したいと思いますので
 それでは──

 追伸:1月17日にカートゥーンネットワークで『リカちゃんとヤマネコ星の旅』が放送されます。(10時からと19時から)ある意味佐藤の原点ともいえる作品ですので機会のある方はご覧下さい。

仕切り線

 | 最新の日記へ | 

diary
BACK TOP
copyright(C)2005 FUKO-SYA.all right rezerved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。